セゾンカードの審査を通すための秘訣

セゾンカードの審査を確実に通すための対策

セゾンカードの審査を確実に通すための対策

 

セゾンカードの審査を確実に通りたい方必見。審査をちょっとでも通りやすくするための対策はいくつかあります。

 

 

自分の個人情報自体を虚偽することはいけませんが、情報入力をするときに気をつけておいた方がいいポイントがありますので、今回は審査を有利にするためのポイントをまとめました。

 

 

審査が通るかどうか不安な方は参考にしてみてください。

 

 

 

セゾンカードの審査対策@ 自宅連絡先

 

セゾンカードの審査対策(自宅連絡先)

 

 

個人情報の中の一つの連絡先入力ですが、電話の部分に自宅の固定電話入力。任意のところに携帯電話入力したほうがいいです。

 

自宅・携帯両方入力がベストです!

 

 

 

携帯の入力だけしかしない方もいますが、固定電話の自宅番号は入力した方がぜったいにいいです。

 

自宅固定電話は、住居と連動して取得する連絡先なので、携帯電話より確実に連絡が取れる情報として見られます。

 

 

 

カード会社にとっては、連絡がきちんと取れる情報は必ず返済してもらえる情報になるので、自宅固定電話は審査の評価は高いです。

 

 

 

セゾンカードの審査対策A 預貯金額

 

セゾンカードの審査対策(預貯金)

 

預貯金は必須入力ではありませんが、貯金をお持ちの場合は、入力してアピールした方がいいです。

 

 

貯金自体は、一時的なお金があるだけなので、収入よりは評価が低いですが、貯金自体も審査評価になります。

 

 

セゾンカードは任意入力ですが、貯金が有るの場合は、必ず入力しましょう

 

 

セゾンカードの審査対策B 年収

 

審査の中でも、返済ができるかどうか見極める大きなポイントの年収。

 

 

年収が少ない方は、不安になるところです。虚偽をして、大きく表記することはいけません。

 

 

年収については、できるだけ大きく入力することが大事です。

 

 

 

例えば、給料計算において手取りでは計算しなくていいです。

 

総支給で計算しましょう。

 

 

保険代などを含めた金額で問題ありません。

 

 

 

計算例としては、総支給の1年分+ボーナスの金額でOKです。

 

できるだけ大きくしっかり収入があることをアピールしましょう。

 

 

 

セゾンカードの審査対策C 入力ミス・誤字/脱字

 

入力ミス・誤字/脱字をすると、間違った情報で審査をしてしまいます。

 

 

間違った情報はマイナスでしかありません。

 

嘘をついていると思われたり、正しくない情報を提示すると思われます。

 

 

入力した内容はしっかり確認しましょう。

 

 

まとめ

 

セゾンカードの審査対策まとめると、

 

入力できるところはしっかり入れて、

 

アピールできるところは最大限に発揮する。

 

あとは、嘘をつかないこと。ミスをしないこと。

 

 

自分自身の情報を変えることはできないので、ちょっとしたことですが、気を付けて入力しましょう。

 

 

 

セゾンカードの公式サイトへ

 

 


この記事を読まれた方は、この記事もよく読まれています。