セゾンカードの審査を通すための秘訣

セゾンカードの審査を確実に通すための対策

セゾンカードの審査を確実に通すための対策

 

セゾンカードの審査を確実に通りたい方必見。今回はセゾンカードの審査をちょっとでも通りやすくするための対策についてお伝えしていきたいと思います。

 

セゾンカードの審査対策

 

セゾンカードの審査をちょっとでも通りやすくするための対策は主に4点ほどあります。

 

自分の個人情報自体を虚偽することはいけませんが、情報入力をするときに気をつけておいた方がいいポイントがありますので、今回は審査を有利にするためのポイントをまとめました。

 

カード審査が通るかどうか不安な方はここから紹介する項目を参考にしてみてください。

 

セゾンカードの審査対策@ 自宅連絡先

 

セゾンカードの審査対策(自宅連絡先)

 

 

個人情報の中の一つの連絡先入力ですが、電話の部分に自宅の固定電話入力をするほうがいいです。
普段から携帯電話を使うことが多いと思うので、安易に携帯電話だけを入力する方がほとんどですが、自宅の電話番号もきちんと入力した方が審査にはプラスになります。

 

自宅の固定電話番号は住所と紐づいた情報になるので、携帯電話より確実に連絡が取れる情報として見られカード会社にとっては信用度の高い情報となります。自宅固定電話は審査の評価は高いです。自宅の固定電話がない場合はしょうがありませんが、ある場合は入力するようにしましょう!

 

電話のところに自宅固定電話の番号、任意のところに携帯電話番号を入力するのが一番ベストです。

 

 

 

セゾンカードの審査対策A 預貯金額

 

セゾンカードの審査対策(預貯金)

 

預貯金は入力画面上でも任意となっているように必須入力ではありませんが、貯金をお持ちの場合は、入力してアピールした方がいいです。

 

貯金自体は、一時的なお金があるだけなので、収入よりは審査における評価は低いように思いますが、貯金自体も審査対象となります。もしものときは貯蓄から返済ができるかどうかの目安になるので入力をしましょう。

 

セゾンカードの申込時では任意入力となっていますが、貯金が有る場合は必ず入力するようにしましょう

 

 

 

セゾンカードの審査対策B 年収

 

カード審査の中でも、返済ができるかどうか見極める大きなポイントとなるのが年収です。

 

年収自体が少ない方は、ここが不安になるところですよね。でも虚偽をして、年収額自体を大きく表記することはいけません。

 

虚偽はいけませんが、年収については、できるだけ大きく入力することが大事です。

 

 

例えば、給料計算において手取りでは計算しなくていいです。

 

必ず総支給で計算しましょう。

 

 

所得税や住民税・保険代などを引かれる前の給料額で問題ありません。

 

 

 

計算例としては、総支給の1年分+ボーナスの金額でOKです。

 

 

年収については、総支給額とボーナスをあわせた金額の表記。できるだけ大きくしっかり収入があることをアピールしましょう。

 

 

 

セゾンカードの審査対策C 入力ミス・誤字/脱字

 

入力ミス・誤字/脱字をすると、間違った情報で審査をしてしまいます。

 

 

間違った情報での審査はマイナスでしかありません。
間違った情報は嘘をついていると思われたり、正しくない情報のため低い評価のまま審査になる場合もあります。

 

背伸びする必要もありません。自分自身の正しい情報をきちんと入力。そして入力後にしっかり確認しましょう。

 

 

まとめ

 

ここまで紹介してきたセゾンカードの審査対策まとめると、入力できるところはしっかり入れて、ピールできるところは最大限に発揮すること。そして、嘘をはつかず。また誤ってミスをしないこと。

 

審査対策とは言え、自分自身の情報は基本変えることはできないので、ちょっとしたことですが、気を付けて入力することが大事なように思います。

 

以上、セゾンカードの審査対策についてでした。

 

審査に通るかどうかは公式でも審査項目の公開をしていないので、実質申込してみないと分からないところだと思います。
ただセゾンカードは2400万人ものたくさんの方が使っている年会費無料カードということもあり、比較的作りやすいカードだとは思うので、審査についてはそこまで気にしなくてもいいようには思います。

 

セゾンカードの申込やカード情報・キャンペーン情報の確認については公式サイトよりご確認ください。

 

 

セゾンカードの公式サイトへ

 

 


この記事を読まれた方は、この記事もよく読まれています。