セゾンカードの申込セルフ診断(事前審査)をやってみた

セゾンカードの申込セルフ診断(事前審査)

セゾンカードの申込セルフ診断(事前審査)をやってみた

 

セゾンカードの審査・申込情報についてインターネットを使って調べていたら、セゾンカードの申込セルフ診断(事前審査)というのを見つけました。

 

 

通常クレジットカードにおける審査の事前診断は普通ないので、どんなものかとちょっと興味をもっていろんなパターンを想定して事前審査チェックをしてみました。

 

 

今回はセゾンカードの申込セルフ診断(事前審査)についてまとめたのでお伝えしていきます!!

 

 

セゾンカード申込事前審査診断の内容とは?

 

 

 

セゾンカードお申し込みセルフ診断はこちら

 

 

 

セゾンカードのセルフ審査診断においてチェックする項目はたったの4つ。

 

●年齢

 

●職業

 

●年収

 

●他社のお借入状況

 

 

たったこの4つです。

 

 

審査テストとはいえ、審査チェックする項目をみてあまりの少なさにびっくりしました。
これだけで審査に通るかどうかの判定ってできるものなのか?

 

 

実際のクレジットカード審査のチェックは、年収だけでなく持ち家や世帯人数・世帯年収・これまでのクレジット利用歴などたくさんの項目から判断されると言われています。
なので4つの情報しかチェックをしないこの診断テストの信憑性については何とも言えないと思います(^_^;)

 

 

 

ただ逆に言えば、この4つの情報がカード審査の時において最も重要視される項目として見てもいいのではないかとは思います。

 

 

 

実際にセルフチェック(事前審査)をやってみた!

 

物は試し用で、とりあえず実際にセルフチェック(事前審査)をやってみました!今回は5つのケースを想定してチェック!

 

 

ちょっとカード審査において、心配になりそうな内容をいくつかやってみました。

 

 

一つずつ確認してみましょう〜!!

 

 

 

ケース@ 〜パート・アルバイトのケース

 

30歳。パート・アルバイト。年収30万。他社借入0円 ⇒ 審査○

 

ケースA 〜自営・自由業のケース

 

30歳。自営・自由業。年収30万。他社借入0円 ⇒ 審査○

 

ケースB 〜専業主婦のケース

 

30歳。配偶者収入。年収0円。他社借入0円 ⇒ 審査○。キャッシング×

 

ケースC 〜無職のケース

 

30歳。家事手伝い。年収0円。他社借入0円 ⇒ 審査○。キャッシング×

 

ケースD 〜無職のケースその2

 

30歳。家事手伝い。年収0円。他社借入1000万円 ⇒ 審査○。キャッシング×

 

 

セルフチェック(事前審査)をやってみた感想

 

セルフチェック(事前審査)をいくつか試しにやってみた結果、状態によってキャッシングがつけれないことはあるものの、どの情報でチェックしても、どの数字(金額)を入れても審査が通るようになっていました。

 

 

キャッシングについては、年収が30万円以上超えていれば少なからずつけることは可能という感じでした。

 

※30万未満についてはキャッシングが不可

 

 

一番最後の5番目にチェックした無職・家事手伝いで他社借入1000万円で審査はさすがに普通は通らないだろうと思いました。

 

 

結論としては、あまりにもこの診断チェックで審査が通るようになりすぎているので、このサイトの審査判断の信頼度は低いようにも思います。

 

 

 

セルフチェックテストをやる限りセゾンカードはかなり作りやすいということは言えますが、厳密に言うとクレジット審査については、正直通してみないと、申込してみないとわからないというところが答えだと思います。

 

 

 

個人的にはこのセルフチェックを踏まえて、さらに今までネットで申込して入会した方々の実績・利用者の多さを考えるとセゾンカードはそこまで審査については心配しなくてもいいように思いました。

 

 

 

以上、セゾンカードのセルフチェック診断テスト利用の感想でした。

 

 

やはりセルフチェックの簡易診断はあくまで簡易的なものでしかないので、あまり気にしなくていいと思います。

 

 

セゾンカードのカード情報や申込についてはセゾン公式サイトの方にいって引き続き確認してみてください。

 

 

セゾンカードの公式サイトへ

 

 


この記事を読まれた方は、この記事もよく読まれています。