ポンタカードのクレジット機能は必要か?ないとダメ?あった方がいい?

ポンタカードのクレジットは必要か?ポイントカードではダメなのか?

 

ローソンで買い物をするとポイントがたくさん貯まってお得になるポンタカードですが、ポンタカードにはクレジット機能付きとクレジット機能がついてないポイントカードの2種類があります。

 

ポンタカードを作るにあたってどちらがいいのかを今回説明していきたいと思います。

 

ポンタクレジットがおすすめな人

 

できるだけクレジットカードは作りたくないからポンタのポイントカードでいいという方もいると思いますが、クレジット付きのポンタカードにすることによっていいことがあります。

 

クレジット機能付きのポンタカードのいいところは、ズバリポイントがたくさん貯まるところです。

 

通常のポイントカードのポンタカードだとローソンでの買い物に対して100円ごとに対して1ポイントしか貯まらないのに対して、クレジット機能付きのポンタカードだと100円につき2ポイント貯まるようになります。

 

1か月1000円くらいしかローソンで買い物をしないという人だったら大きな違いは出てきませんが、月1万円とかたくさん買い物をするような人だったら大きく差が出てきます。

 

ポイントのポンタとクレジットのポンタでどれくらい差がつく?

 

ではポイントカードのポンタとクレジットのポンタを比較したときに利用をしていくとどのくらいリアルに差がつくのか比べてみましょう。

 

月15000円利用の場合(1日500円想定)

 

ポイントのポンタカード
⇒150ポイント
⇒1年で1800ポイント

 

クレジットのポンタカード
⇒300ポイント
⇒1年で3600ポイント

 

クレジットのポンタの方が、1年で1800ポイント多くポイントが貯まる。

 

 

月30000円利用の場合(1日1000円想定)

 

ポイントのポンタカード
⇒300ポイント
⇒1年で3600ポイント

 

クレジットのポンタカード
⇒600ポイント
⇒1年で7200ポイント

 

クレジットのポンタの方が、1年で3600ポイント多くポイントが貯まる。

 

 

まとめ

 

ポイントカードのポンタとクレジットカードのポンタのポイント還元率とどれくらいポイントが貯まるのかシュミレーションをしてきました。

 

どちらがお得かと言われれば確実にクレジットのポンタの方がお得です。

 

ローソンを利用する頻度が多い場合にはかなりのポイントが貯まる差が出てくるので、ローソン利用頻度が多かったらクレジットポンタがおすすめです。

 

クレジットとは言っても年会費無料だし、1回払いで払い続ければ手数料はかからないので特にデメリットはないのではないかなと思います。

 

ただクレジットポンタのクレジット払いというのがどうしても好きでないという方はポイントカードのポンタにするようにしましょう。

 

どちらにしてもローソンを利用することが多い方はポンタカードを必ず持ってお得に買い物しましょう〜!!